【資産額と幸福度】人生をコントロールできる資産額が、私の幸福度限界点。

サイドFIRE

こんにちは。好きなことでゆるく働き、都心ミニマルライフを楽しむもふもふです。

資産形成や転職活動をしていると、こういう定説を聞いたことはありませんか?

年収800万円あたりから、幸福度はゆるやかになる

それと同じで、私は

資産額も、人によって幸福度の限界点があるのでは?

と想像しています。

今回は、「人生を自分でコントロールしている感覚が持てる資産額が、私の幸福度の限界点となりそう。」についてお伝えします。

年収800万円が幸福度のピーク説

年収800万円あたりから、幸福度はゆるやかになる

こちらは、アメリカの偉い人が研究した結果だそうです。

▶︎三菱UFJ銀行|年収800万円が幸福度の限界点?年収と幸福度の関係とは

2015年にノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学のアンガス・ディートン教授は、年収と幸福度の関係について興味深い研究結果を発表しています。

この研究によると、年収が7.5万ドル(約800万円)を超えるとそれ以降は、年収と幸福度の相関があまり見られないというのです。この研究結果をかみ砕いて説明すると、年収800万円までは年収が上がるに従い幸福度が上昇しますが、それ以降は年収が増えても幸福度はあまり変わらないということになります。

三菱UFJ銀行|年収800万円が幸福度の限界点?年収と幸福度の関係とは より引用

これは時代や為替、税率、国によってもだいぶ変わる見解だと思うのですが!

私の肌感覚としても、この通りでした。

自分の肌感覚としても、800万円は分岐点

私も、年収800万円を超えたあたりから、「収入が増えて嬉しい」という感覚はなかったような?

まあ私の場合は、ヤバめの散財人間だったからかもしれませんが…。

ただ数字が増えているというか、飲み代に使えるお金が増えた感じで、それが幸せと感じることもなかったような気がします。

そのため、就職した時には「いつか年収1000万円ほしい!」と思っていたのですが、実際に手に入れた時も「ふーん」という感じでした。

というか、働きすぎて、それでも割に合わないと思った。

資産額でも、限界点がありそう

これと同じことが、資産額でもあるのではないか?と最近想像しています。

2024年7月時点のリスク資産

たとえば、私の場合の幸福度のピークは、やはり1800万円だったと思います。

なぜなら、自分の目標だった額だから。

おそらく次は3000万円になるだろうけど、1800万円の時の幸福度とは比べものにならないだろうな、という予感があります。

そして、その後はおそらく「ただ数字が増えていくだけ」みたいな感覚になることでしょう。

なぜこう思っているかというと、やはり私にとっては

お金は、人生を自分でコントロールしているという感覚が持てるもの

だからです。

幸福度と資産額は比例しないと思う

私が貯蓄に傾倒したくないと思う一番の理由は、ここにあります。

人生を自分でコントロールしているという感覚はすでにあるので、年収の時と同じく、

今後の幸福度と資産額は比例しない

ということが、なんとなく想像できるんですよね。

貯めこみマシンになったところで、自分の人生はそれほど幸せにはならない。

だからこそ、お金に依存せずに、

  • 嫌なことは一切しない
  • 好きなことでゆるく働く
  • 他人の目を気にせず自由に生きる

に舵をきった方が、個人的には幸福度が高いと思っています。

実際、今は人生幸福度のピークだと思う。

まとめ

以上、「人生を自分でコントロールしている感覚が持てる資産額が、私の幸福度の限界点となりそう。」についてお伝えしました。

もし資産形成を過度にがんばっている方がいたら、お金持ちになったら幸せになれると期待しすぎないほうがいいと思います。

これは、私の知るFatFIREの方々が全員おっしゃっていたことなので、まず間違いないかと。

FIREもサイドFIREも、手段の一つというだけですからね。

一般人はインデックス長期投資にでも積み立てていれば、おそらくお金に困ることはありません。

なので、細く長く資産形成すると同時に、別のところで自分を幸せにすることにもぜひ目を向けてみてください♪

【関連】よろしければこちらもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました