配偶者フィルターという価値観。サイドFIREしたい主婦が否定しない理由。

サイドFIRE

こんにちは。好きなことでゆるく働き、都心ミニマルライフを楽しむもふもふです。

先日このようなツイートをしたら、けっこうバズりました。

(最近知ったのですが、SNSの埋め込みって時間が経つと見れなくなったりするみたいですね・・。なので今後は一応テキストでも貼っておきます↓)

夫が無職だった時、私を「苦労好きね」っていう人がいた。今は夫の職業を聞いて「玉の輿ね」っていう人もいる。私にとっては何も変わらない。たとえ彼がまた無職になっても、一緒にごはん食べて一緒に散歩できたら幸せ。私が大切にしてるのは、他人の価値観ではなく、自立した心と自ら築いた資産

もふもふ@Twitter

このエピソードのキモは「配偶者フィルター」の価値観が社会に存在するということ。

今回は、この点についての私の価値観をお伝えします。

この世には「配偶者フィルター」を持つ人が存在する

この世には「配偶者」のスペックを通して、人の価値を判断する方がいらっしゃいます。

個人的には、もし夫が社会的に評価されるのだとしたら、それは夫が頑張ったからであって、妻である私には何の関係もないと思っています。

しかし、その配偶者の職業や年収というようなフィルターを通して、私を評価する人がいるんですよね。

私自身は全く共感しないのですが、いろんな価値観があるんだなあ、と思って観察しています。

ちなみに、私はこういう価値観を不愉快と思ったりもしませんし、モヤモヤすることもありません。その人の価値観はその人のものですからね。

ただ、どういう背景でそういった思考になるのかな?ということには興味津々です。

夫→妻だったら?

上記の投稿で、もし主語(私)が男性だったら、きっと「苦労好き」とは言われませんよね。

同じように、私は会社員時代に「女性が男性を経済的に支える」ことについて、周囲からけっこういじられていました。

女性が男性を経済的に支えることについて

大半は「だめんず」みたいな言葉。「もふもふちゃんはダメ男が好きだからなあ」とか「もっといい男がいるのに、ヒモ男につかまってかわいそうに」とか、そういうやつです。

そして、それがある時から「玉の輿だね!」「海老で鯛を釣ったね!」みたいな言葉に変わりました。これは悪意なく、本気で褒め言葉として使われている気がします。(40代以上の人に多いです。)

このように、私は配偶者によって自分のみられ方が180度変わる経験をしているので、ずっと不思議だなあと思いながら暮らしてきました。

これにはやはり時代の背景もあるんだろうな、と思っています。

女性は従属物だった時代の名残

昔々、女性が家庭に入り男性が外で働く時代を経て、女性の生き方も働き方も多様化しました。

私は今40代に入ったばかりなのですが、女性としては「自立思考と従属思考の過渡期」の時代だった気がします。

大学生の頃は「スペックの高い男性に気に入られることがステータス」という子もいたし、「デートでもおごってもらわない。自立した女性になりたい」という子もいました。

就職した時、私は女性という理由でよく接待でお酌係をやってましたし、一方では「男性と肩を並べてバリバリ働きたい。ジェンダー差別なんて許さん!」という女性社員もいました。

今は自立した女性が理想とされる時代

私はこれらの価値観は、時代によって正義や多数派は流動的になるものだと思っています。

今はちょうど「自立した女性がかっこいい!」みたいな風潮ですが、バブル前までは「男性に守ってもらえる女性が最高!」という風潮だったりしましたしね。

世間の価値観って、時代によって、本当にびっくりするほど変わるんですよね。

なので、昔の価値観の名残で、今もなお「男性に守ってもらえる女性が最高!」と信じている女性も、私は否定するつもりはありません。時代とは少しずれていますが、それはその人の価値観だから

そういうわけで、その価値観の中で自分が「かわいそう」とか「玉の輿」とか思われても、モヤモヤしたりもしないのです。

それよりも私が大切にしているのは、時代や他人がどうであっても、自分が心地よい価値観を持つということです。

時代に変化されない自分の価値観

私自身の価値観は誰に何を言われても、特に変わりません。何が幸せかが自分の中でわかっているということは、自分の人生を安定させます。

そしてここ数年は、「経済的自立」「依存しない心」が、私の中でキーとなっているようです。

私としては、夫とは週末に楽しい時間が過ごせて、たまに一緒に散歩する健康があれば、それで十分だなあ、と思っています。この価値観の話は、こちらの記事にまとめています。

まとめ

配偶者だけでなくとも様々な価値観のフィルターで判断されるのが、この世の常です。しかもそれは時代や状況によって、かなり流動的です。

そのため、私は「それはおかしい!」「そうは見られたくない!」と、他人の価値観と戦うことは一切しません。

なぜなら、自分だけの価値観を大切にしていれば、自分の世界で幸せに暮らせるからです。

もし他人の価値観にモヤモヤする方がいたら、まずは自分の大切にしている価値観や、どんな暮らしが理想かを書き出してみてください。

そのことに意見する人たちは、自分とは異なる価値観を持っているというだけ。自分の幸せな世界を築くことに注力しましょう!

【関連】よろしければこちらもどうぞ♪

タイトルとURLをコピーしました