出会ったら逃げよう。人の成長を妨げるストッパーの存在。

ミニマルライフ

こんにちは。好きなことでゆるく働き、都心ミニマルライフを楽しむもふもふです。

新年度が始まり、新しい生活が始まりましたね。

私は個人事業主なので会社組織には属していないのですが、わんちゃんのお散歩中に初々しいスーツを着た方たちとすれ違うようになりました。

彼らにのびのび成長できる機会が、この先たくさんあるといいなと思います。

というのも、人の成長を妨げる上司や先輩って会社に必ず数人はいますからね。

今回は、私の「人の成長を妨げる先輩に出会ったエピソード」から、以下をお伝えします。

  • 新人さんへ:自分の成長を妨げる先輩から逃げよう
  • 先輩さんへ:後輩の成長を妨げていないか、振り返ろう

人を指導する立場の方は、自分が該当していないか振り返ることができますし、新人さんは新しい場所で萎縮する必要がなくなると思いますよ。

人の成長を妨げる先輩

これは新社会人に限った話ではありません。私は何かの組織で働く場合、もっとも悪となるのは「成長を妨げる人」だと思っています。

私の会社ではストッパーと呼ばれていました。

前職で私が管理職だった時には、まずストッパーがどこにいるかを見極め、配置し直すということを重要視しました。

ストッパーには、人の足をひっぱるというわかりやすいものだけでなく、熱心に教育する人が該当する場合もあるので注意が必要です。

一番やっかいなのは、相手を萎縮させる指導法しか知らない人です。

なぜなら本人にはその自覚がないか、あってもそれが当然の指導法だと思い込んでいる場合が多いからです。

今からお話しするタイプの方はどこにでも1人くらい存在するので、もし出会ってしまったら適度に受け流すか、ひどければ全力で逃げましょう。

とあるストッパーとの出会い

私が新卒で入社し教育係となった先輩女子が、相手を萎縮させるタイプのストッパーでした。

もちろん教わったことの多くは、とても勉強になることばかりでした。

例えば、私は営業だったので、接待時のマナーからクロージングの仕方、タクシーの乗り方、電話の取り方、はたまたエレベーターボタンの押し方まで(!)、その先輩にはありとあらゆる細やかな礼儀作法を教わりました。

これらについては心から感謝しています。

しかし、先輩のただ一つの良くない点は、常に人を萎縮させる点でした。

人を萎縮させる先輩

たとえば、その先輩は私を指導する際に必ず「そんなことも知らないの?」と前置きがありました。

感情の起伏もあり、ため息や舌打ちなども多かったように記憶しています。

今振り返っても新人ならば知らなくて当然ということが大半だったので、多分あれは彼女の性質や口癖のようなものだったのだと思います。

もしかしたら、彼女も先輩からそのように指導されてきたのかもしれません。

ただ、毎回「そんなことも知らないの?」と言われ続けると、自分はなんて無知なまま社会に出てきてしまったのだと感じ、自信をなくすようになりました。

そして、何か間違ったことをしていないか常にビクビクするようになりました。

今振り返ると、自分を恥じ入る必要は全くありませんでした。

知らないことはその時に知ればいいだけです。

正しい指導法とは

当時は自分が悪いと思ってしまったのですが、今ならはっきりとその指導法は間違っているとわかります。

どんなに正しい情報を教えたとしても相手を萎縮させるならば、指導者としてのスキルは低いのです。

その証拠に、私は違う先輩の下についたときに、自分でもわかるほどのびのび成長しました。

すばらしい指導力の先輩や上司から学ぶことで、萎縮させることほど成長の妨げになることはないと気づくことができました。

この経験から学んだこと

この経験から、私は自分が先輩の立場になった時には、絶対に「そんなことも知らないの?」は、表情や言葉に出さないと決めました。

時には私がびっくりするくらい常識を知らない新人さんもいましたが、その常識の基準は私が勝手に作ったものであって、その子に非があるわけではありません。

何度もいいますが、知らないことは恥ずかしいことではないのです。

ただ、一度教えたことで同じミスをするといった際は、きちんと指導するのも教育係の仕事だと思います。

この経験はのちに自分が先輩の立場になった時も、マネージャーとして人材育成がミッションになった時も常に気をつけていたことです。

どんなに優秀だったとしても人を教える立場になった時点で、新しい指導法を謙虚に学ばなければなりません。

本人にどんなスキルや経験値があろうと、人材の成長を妨げるという時点で、組織からは不必要と判断されてしまいますからね。

まとめ

以上、私が出会ったストッパー先輩のエピソードでした。私がお伝えしたいことは以下です。

  • 新人さんへ:自分の成長を妨げる先輩からは逃げよう
  • 先輩さんへ:自分が後輩の成長を妨げていないか、振り返ろう

新人さんへ

もし新しい会社、新しい部署、新しいアルバイト先、新しい事業・・・など、新天地でがんばろうとしている方がいたら、ぜひ自分の気持ちを観察しておきましょう。

特に、嫌な思いや理不尽な思いをした時の感覚は、今後の反面教師として貴重な経験となります。

そして、指導スキルの低いストッパーに、わざわざ病む必要はありません。

もし出会ってしまったら、必ず受け流すか逃げるかして、心の距離を置きましょう。

先輩さんへ

先輩さんは、自分がストッパーの方向に進んでしまっていないか、あらためて振り返ってみましょう。

単純なことですが、人は自分に経験値がついてくると、自分にスキルがなかった時の気持ちを忘れていき、謙虚さを失ったり横柄になっていく生き物だと思います。

それを経験と記憶でカバーし、より良い人間でいようとする姿勢が、魅力的な人間性を構築する上で重要なのではないかなと思っています。

新人さんも先輩さんも、応援しているよ。

【関連】よろしければこちらもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました