スキル×資格=最強カード。自分の市場価値を高めよう。

ペットシッター

こんにちは。好きなことでゆるく働き、都心ミニマルライフを楽しむもふもふです。

私は昔から「今の自分に何のスキルが追加されたら重宝されるかな?」と考える癖があります。

この記事のように、昔は「若さ」だけでよかったりしましたが、やりたいことや時代によって、どんどん柔軟に思考する必要がありますよね。

今回は、自分の市場価値を高めるための「スキルの身につけ方」をお伝えします。

あなたが次にどんな資格を取ろうか、どんなスキルがあれば良いか?というときに、判断の目安になると思いますよ。

スキルの棚卸し

最初に就職した大手企業では、

今より成長するためにはどんなスキルが必要か

について徹底的に考えさせられました。

例えば、「売る力」を伸ばすのか、「クリエイティブ」に振るのか、それともバランスを見て「トラブル処理」「マネジメント」のスキルをあげるのか。

RPGゲームの成長スキル振り分けに似ているかもしれません。

この時の話は、こちらに記しています。

この経験は私にはしんどいことでしたが、おかげで

スキルは組み合わせ次第で貴重人材になる

ということを理解するようになりました。

私の事業で追加したスキル

現在、私はペットシッターというお仕事をしています。

個人でやっていますが「好きなことでゆるく働く」をモットーにしているので、自分から営業するようなことは一切していません。

営業は好きなことじゃないからね。

ではどう集客するかというと、自分の市場価値を貴重なものにするのです。

ペットシッターだけなら珍しくない

実は都心は「ペットシッター」というだけなら多くいますし、安価な業者もたくさん存在します。

私は、実は自分の報酬を相場よりかなり高く設定しています。

それなのに依頼に困らず、むしろお客様を選ぶ側にいられるのは、その組み合わせの「スキル」にあります。

私の事業のターゲットのメインは「動物と暮らす外国人在住者」もしくは「日本人の富裕層」だったので、それに合わせて自分のスキル価値をいくつか追加しました。

具体的には「ペットシッター」「+日本人」「+専属」「+英語可」という価値です。

それぞれ見ていきましょう。

優位性を保つスキル① 日本人であること

まず、サービスに手を抜かないと定評のある日本人であること。

これだけだと、数が多いので差別化にはなりません。

優位性を保つスキル② 担当が変わらないこと

富裕層に最も貴重と思っていただけたのは、専属であること

というのも、大手ペットシッター会社の多くは「どのスタッフが来るかわからない」システムだったからです。

守秘義務などはもちろん交わしていますが、「必ず同じシッターに来てもらえる」ことは、当時の市場になかなかない価値だと思いました。

実際に出入り業者を多くしたくない富裕層や、芸能界でお仕事をされている方との契約では、この点が最も重要視されています。

優位性を保つスキル③ 英語利用可

そして、外国人在住者にとっては、あたりまえですが英語が使えるという点が大きな差別化ポイントになりました。

調べてみると、英語が使えるペットシッターだと料金相場は一気に上がりました

それだけ貴重だったということだね。

市場価値を知る方法

ちなみに、これらが価値になることを、私はどうやって知ったのでしょう?

それは、街角に立って道ゆく人を観察した結果でした。

誰にでも今すぐできることですしお金もかからないので、興味のある方はぜひやってみてください。

この方法は、この記事にまとめています。

スキルや資格は組み合わせ

ここでお伝えしたいのは、以下のどれもが単独だと弱い資格・スキルであることです。

  • ペットシッター資格
  • 日本人
  • 担当の変わらない専属制
  • 英語可

たとえば「英語」といっても、私は日常会話ができるレベルです。ビジネス英語を学んだわけでもありません。

そのレベルでも、「ペットシッター」と組み合わさっただけで、強い価値に変化するのです。

一つのスキルを極めるより、組み合わせが大事!

多くの方は何かを学ぶ時に、完璧に整えることを目指すと思います。

しかし、ここで重要なのは、

一つ一つのスキルで完璧を目指さなくても良い

ということ。

完璧さより、その組み合わせの方が大事なのです。

皆さんが新しい資格やスキルを身につける時は、ぜひこのことを念頭に置いてもらいたいなと思います。

他人から学べるスキルには色々ある

もし「そもそも、どんなスキルを身につけたら良いのかわからない」という場合は、周囲の人を見渡しましょう。

わかりやすいスキルだけでなく、人間的魅力だって一つのスキルです。

私は会社員時代にさまざまな魅力的な同僚を見て、そのスキルを真似しました。

その内容は、こちらの記事でご紹介しています。

つまり、自分がこうなりたいな、という人を見て片っ端から真似していくだけでも良いのです。

その中から、ふとある時に組み合わせで使えるスキルが出てきますよ。

他人の素敵だと思う部分を吸収して、損はありません。ぜひ周囲の人を観察してみてくださいね。

まとめ

以上、スキルや資格は単独では弱くても、組み合わせることで最強カードになる!というお話でした。

みなさんも今の自分にどんなスキルが追加されたら、会社や転職で価値ある人材になれるかを考えてみてくださいね。

もちろん独立して自由に働きたい方にも、ぜひ身につけてほしい思考のひとつです。応援しています!

まずは今の自分の資格やスキルを書き出してみよう♪

【関連】私が具体的に「英語可」スキルを身につけた方法です。

タイトルとURLをコピーしました