40代、ゆるく働く暮らし。自分にとって最高の働き方を知ろう。

好きなことでゆるく働く

こんにちは。好きなことでゆるく働き、都心ミニマルライフを楽しむもふもふです。

私は都心のペットシッターとして、個人開業してゆるく働いています。

もう10年近く経つのですが、やっぱりこの暮らしは私には最高です。

今回は私が何にそんなに最高と思っているのか、をご紹介します。

もし今の働き方にモヤモヤしている方がいたら、自分が本当にしたい働き方は?を考えるきっかけになれば嬉しいです。

「好きなことでゆるく働く」の何が良い?

あくまで私の場合なのですが、好きなことでゆるく働く暮らしの何が良いかというと、今の

  • 仕事の内容(好きなこと)
  • 働く量(基本週3程度)
  • 収入(生活費+月12万円を投資に回せる)

が絶妙のバランスだということ。

ここで大切なのは、多くの選択肢のある働き方の中で、私が

自分にとっての理想の働き方を、明確に理解している

ということです。

「良い働き方」の基準は、時代によってコロコロ変わる

私は、どんな時代になっても

自分が本当にしたい働き方は?

という、自分にとっての価値観を明確にすることが重要だと思っています。

というのも、世間でいう「良い働き方|かっこいい働き方」って、時代によって180度変わったりするものだから。

たとえば、私が10年前に独立した頃は、なんとなく「会社を辞める=負け組」みたいに見られがちだった気がします。

ドロップアウト、みたいなイメージ。

しかし、今はなんと国が副業を推奨している時代。

そうなると今度は「会社員のみはリスク。個人で稼げてこそかっこいい」みたいな雰囲気になってきました。

つまり、「良い」とされる働き方なんて、時代によってコロコロ変わるものなのです。

そんな不安定な風潮に流されてはいけません。

いつの時代でも自分の心に聞いて、自分が本当にしたい働き方は?と想像することが大切です。

働き方で、あなたにとっての譲れない点は?

私の場合を例に挙げると、どうしても譲れなかった働き方はこちらでした。

  • 長時間労働をしない
  • 自分が楽しいと思うことだけをする

逆に、一般的に必要だと思われていた「収入」「安定」は、私にはそこまで価値のないものだったんですよね。

これは自分のなかに潜って、根底にある心の声を聞かないかぎり、なかなか気づけない願望でした。

譲れない働き方を理解した私は、それを叶えるため、まず生活支出や事業固定費を小さくしました。

そうすることで、努力せずとも最低収益ラインを達成できる仕組みが完成しました。

このことについては、こちらにまとめています。

このように、自分が価値だと思う働き方を理解していれば、そこを起点にして、つど微調整していけます。

そうすると、意外と苦労せずうまくいくものなんですよ。

価値観が定まっていないと個人事業は危険

その反対に自分だけの価値観を腹落ちしていない方は、あまり個人事業には向いていないと思います。

個人事業に向かない人の性質でわかりやすいのは、他人の立場を羨ましく思う人

つまり、自分だけの軸があやふやのため、相対評価を追ってしまう方です。

たとえば、私は事業拡大を強く勧められる場面があっても、経営や人材育成は自分にとって「楽しいこと」ではないため、それが選択肢に乗ることすらありませんでした。

しかし、もし私がただ「成功したと思われたい」「何者かになりたい」「周囲に評価されたい」などのぼんやりした軸しかなければ、多分事業拡大していたと思うんですよね。

実際に、同業者が軸のない判断をし、不幸な結果を迎えてしまう光景を、私はこの10年で多く目にしました。

結論:譲れない働き方を書き出してみよう

いつも同じ結論になってしまって申し訳ないのですが、結局のところ、自分のことは自分にしかわかりません。

あなたにとって、最高の暮らしはどんなものですか?

今の時代の風潮や、周囲からの評判などとは離れた場所で、本当に叶えたい暮らしを想像し、書き出してみましょう。

私が行った具体的な方法はこちらにまとめましたので、興味あればどうぞ。

まとめ

以上、好きなことでゆるく働く暮らしの何が良いか?という、私の価値観をご紹介しました。

この価値観はあくまで私だけのもの。

私がこの記事であなたに最も伝えたいことは、

自分にとっての価値を明確に理解すれば、理想は実現できる

ということですよ。

本当に、理想の働き方や働き方への価値観って、人それぞれ。

私は今の働き方が最高と思っていますが、これって他人から見れば、ただの弱小個人事業主ですからね。

あなたにとって、最高の暮らしとはどんなものですか?

どんな環境でも、いつの時代でも、何歳でも、すべては想像するところから始まります。

自分にとっての理想の働き方、どんどん想像してみようね。

【関連】よろしければこちらもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました