【週3労働のススメ】仕事の適正量は自分が決めよう。2023年秋の働き方。

サイドFIRE

こんにちは。好きなことでゆるく働き、都心ミニマルライフを楽しむもふもふです。

私は、会社員を辞めたのち、個人業のペットシッターとして10年ほど活動しています。

仕事は大好きなので一生続けたいのですが、私は根がぐうたらのため、どうしても忙しく働きたくありません。

ということで、現在はゆるく、ゆるーく働いています。

今回は、「2023年・秋冬の働き方と、週3労働のススメ。」についてお伝えします。

現在の働く量は、2022年秋から変わらず

2022年の初めに、あまり深く考えずインデックス投資への積立額を増やしました。

たしか月5万円→12.3万円に設定したった。

算数のできない私は、それから銀行口座からどんどんお金が減っていくのを見て

いやいや、このまま働き方だったら、投資資金が捻出できないやんけ!

と、とんでもなく当たり前な事実に気づきました。

そこで、気持ちを新たに新しい定期依頼を1件受け、その仕事量が1年経った現在も続いています。

2023年(秋)の仕事量:週12時間

現在の仕事量は、こんな感じ。

  1. 週3回|各1時間、昼のわんちゃんの散歩
  2. 週2回|各1時間、朝・晩のわんちゃんの散歩

上記の週7時間に加え、既存のお客様が旅行などに出られる際に、スポットでの依頼があります。

総合すると、大体週12時間くらいでしょうか。

週3日労働、1日4時間程度の拘束です。

今の私には、体力的にこれがちょうどいいな、という感じ。

仕事量は減らすことはあっても、増やすことはしないでしょう。

仕事を好きでい続けるためにも、これ以上は働きたくない。

週3ペースで働くということ

好きなことを仕事にし、週に4日休みがある。

しかも、それで生活費+投資用資金を得られる。

全日本国民にお伝えしたい事実ですが、これは本当に素晴らしいことですよ。

週3日の労働で、収入は足りるの?という質問をよくいただくのですが、私の場合は生活コストが低いため、余裕で暮らしていけます。

関連:【月12万円の暮らし】私がサイドFIRE目標を1800万円にした理由。

しかも、私にとって仕事とは、ただ自分が動物にメロメロしている至福時間です。

ブログでは、かっこよくライフワークなんて言っていますが、実際のところはファンが推しに会いに行くようなものなんですよね。

私の推しは、犬さん猫さんうさぎさんです。

さらにそれ以外の時間は、動物以外の好きなことが渋滞している毎日です。

好きなこととは、無駄を楽しむこと

好きなことというのは、ゲーム、Netflix、親友に手紙を書く、愛犬と遊ぶ、踊る、推しアイドルの動画祭り、などなど…。

それ以外にも毎日新しい遊びを発掘しては、ばかみたいに熱中して遊んでいます。(熱しやすく冷めやすい。)

大人がここまで時間を無駄に使う日々でいいの?とも思いますが、私にとってはやはりこれが最強のしあわせ時間なのです。

ひとり好き・自由好きな人は、サイドFIREに向いている

この、好きなことでゆるく働く暮らしになってから、10年。

経済的自立にはまだ運用資金が足りないのですが、いわゆるサイドFIREって、多分こんな暮らしですよね。(少なくとも私の暮らしはこのまま変わらなさそう。)

目標だった1800万円が貯まったから、あとは運用にまわすだけ。

そこでしみじみ私が感じるのは、特にこういう性質の人はサイドFIREに向いている!ということ。

  • オタク気質の方
  • 一人遊びが好きな方
  • 人付き合いはそれほど好きじゃない方

何より、自由でいることを暮らしの最優先とする方にとっては、最高の働き方なんじゃないかなと思います。

私はたまたま仕事が好きですが、そうじゃなかったとしても、週4日をエンタメに使える日々というだけで幸せすぎますよ〜。

幸せな働き方を諦めてはいけない

これはあくまで私の場合なので、「週4も休みだったら何して良いかわからない」という方もいるだろうし、「週3ではなくて、毎日3時間働く方がいい」、さらには「完全FIREしたい」「とにかくバリバリ稼ぎたい」という方もいらっしゃると思います。

私が強く言いたいのは、

自分が幸せだと思う働き方は、自分にしかわからない

自分が幸せだと思う働き方は、どうせ無理と諦めた時点で手に入らない

ということ。

私も「そんなうまくいくわけないよ」と周囲に心配された記憶がありますが、実際やってみたら、あっさり実現しましたしね。

まじでやるかやらないか、だけの違いだったよ。

このブログに遊びに来てくださったあなたにも、自分にとっての幸せな働き方を諦めてほしくありません。

まずは、どんな暮らしをしたいか、紙に書き出してみましょうね。

全ては、想像することから始まりますよ。

まとめ

以上、「2023年・秋冬の働き方と、週3労働のススメ。」についてお伝えしました。

他の方からするとどう見えるかわかりませんが、私にとってはこの週3労働が最高のバランスです。

次の夢は、今のこの暮らしを一生続けることです。

そのためには、大人のしがらみや社会的責任、そして誰かの目を気にしている暇はありません。

もう一度いいますが、

  • 自分が幸せだと思う働き方は、自分にしかわからない
  • 自分が幸せだと思う働き方は、どうせ無理と諦めた時点で手に入らない

ですよ!あなたも、自分のしあわせを何より優先して生きていきましょうね♪

【関連】よろしければこちらもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました