小確幸を楽しもう。ロンドンのパブで出会った、世界一ゆるく幸せな光景。

ミニマルライフ

こんにちは。好きなことでゆるく働き、都心ミニマルライフを楽しむもふもふです。

私の好きな村上春樹氏の造語で「小確幸」というものがあります。

それは「小さいけれど確かな幸せ」という意味。

今回は、私の日常の中の小確幸について、ご紹介します。

小さいけれど確かな幸せ

いやあ、春になりました!

東京は満開の桜が散り、本日26度ともはや初夏の陽気です。

私はペットシッターとして活動しているので、この季節が最も幸せなんですよね。

動物たちの顔もイキイキしているし、草も風も花も全てが美しい。

仕事で公園を移動するだけで、自然からパワーをもらっています。

オーバーオール(いわば私の制服)の下に着るニットも、先週からTシャツになりました。

空気が澄んだ冬の散歩も嫌いではないけれど、私にとっては「春になったこと」は、大きな幸せです。何より、

仕事終わりのお酒の味が、一段階美味しくなること。

これが私の小確幸です。

労働のあとのお酒がうまい!

私は昔ほどは飲まなくなりましたが、それでもひとりで家で晩酌することが幸せな時間です。

だから痩せないんだね。

秋冬は、ワイン1-2杯、春夏はビールもしくはレモンサワー1缶です。(一応、家ではそれ以上は飲まないようにしています。)

レモンサワーは、こだわり酒場が一番好き。

今日は暑かったので、今年初のレモンサワーを解禁したところ、

う、うますぎる…犯罪的だ!!!

と無意識につぶやいていました。あーしあわせ。

労働階級ほど小確幸が多い

私の社畜時代は、こんなにお酒を美味しいと思わなかった気がします。

いえ、美味しかったはずなのですが、それは精神面の疲れからくる美味しさだったんですよね。

今は仕事のストレスも悩み事もなく、ただ健全な肉体労働の疲れから美味しく感じます。

お酒の幸福度は、断然今の方がある。

私は過去に見た景色から、労働階級ほどこのような「小さいけれど確かな幸せ」があるんだなあと思った光景があります。

ロンドンのパブでの光景

私は21歳の時に、渡英してロンドンの紅茶葉専門店で働いていました。

ロンドンは、ちょっとした酒場(パブ)がたくさんあることで有名ですよね。

私はそんなガヤガヤ騒がしいパブが好きで、金曜の夜はだいたいそこで食事をしました。

肉体労働後の1パイント(=568ml)のビールフィッシュアンドチップスの美味しさといったら!!

最強の組み合わせ。ビール+フィッシュ&チップス

貧乏だったから、私には週1回のご馳走だったよ。

最初はその味目当てで通っていたのですが、そこで私がさらに好きになったのは、

労働階級のおじさんたちが、心から幸せそうにビールを飲み干し、笑い合っている光景

でした。

小確幸を日々謳歌する労働者

彼らも仕事終わりなのでしょう。煤だらけの作業着で、仲間たちと巨大なジョッキをごくごく飲んでは、ワッハッハ!と笑っていました。

今思えば、ハリーポッターの酒場の雰囲気に似ていた。

彼らは、階級社会である英国では、おそらく下の階級になるでしょう。英国の上流階級では、まず見ない光景かと思います。

階級社会をよく知らない私には「労働階級は上流階級に憧れているはず」みたいな思い込みがあったのですが、彼らの満面の笑みを見てそんなに単純な話でもないんだな、と思ったのを覚えています。

私の目には、労働階級の彼らが英国で一番幸せそうに映ったんですよね。

結論:目の前の幸せを謳歌しよう

もうあれから20年以上が経ちますが、私はいまだに彼らのことを思い出すことがあります。

社畜時代に睡眠時間すらままならなかった時、たまにふとあの光景を思い出し、自分は彼らとはかけ離れた場所にいるなと悲しく思った記憶もあります。

難しいことはあれこれ考えず、労働し、仕事終わりに美味しいビールを飲み、仲間と笑う。

21歳の頃、私もそういう目の前の幸せを謳歌する生き方がしたいなあ、とパブでぼんやり思っていました。

レモンサワーを楽しみながら、20年経ってようやく、私もあのおじさんたちみたいな小確幸を手に入れたんだな、と少々嬉しく思います。

人生には、大きな成功やお金などなくても良いのです。

むしろ、こういう小確幸があり、それを楽しむだけの心のゆとりそこそこの経済力があれば、それだけで十分幸せになれます。

あなたの目の前の、小さいけれど確かな幸せは何ですか?

まとめ

以上、私の日常の中の小確幸について、ご紹介しました。

お酒の飲み過ぎには注意しなければなりませんが、歳を重ねてそんなに量も飲めなくなってきたので、まあヨシとしましょう。

アルコールは節約の敵ではありますが、私は自分の小確幸を適度に楽しみます♪

【関連】私がロンドンで貧民だった話はこちら。

タイトルとURLをコピーしました